まだ起きていない事に対して

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“まだ起きていない事に対して”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

何か行動しようとしたとき 

新しいことにチャレンジしようと

すればするほど 

 

「これをやって

 上手くいかなかったらどうしよう」

 

「周りに変に思われたらどうしよう」

 

「こんな(最悪の)状態に

 なったらどうしよう」

 

など考えて 

結果的に何も行動できない 

そうなってしまうことはありませんか 

 

岡部先生が言われるのは

 

「何か想定外のことが起きた時は 

 その時考えればいい」

 

「こうなったらどうしよう  

 なんて考える暇があるなら 

 実際やってみたらいい」

 

と言われます 

 

やってみたいことがあるのなら 

まずはやってみる 

 

実際に行動、アクションをしてみて

継続的にやるのか 

一回すれば納得できるのか

自分がやりたいと思える事なのか

判断すれば良いと言われます 

 

だからこそ

そのチャレンジする第一歩目を 

どのように取り組むのかが 

重要になってきます  

 

「まずやってみよう」

と決めたら

思いつく限りのことをとことんやる 

 

岡部先生のチャレンジされる姿を 

近くでみさせて頂いた時も 

 

「ここまでされるんだ!」

 

と誰もが思うようなことを 

当たり前のように実践されます 

 

そうすると

目標に近づくしかない状況に

なっていかれます 

 

だからこそ 

やる前から起きてもない事

ばかり考えて足踏みせずに

とにかく踏み出す 

 

最近のブログでは 

この“行動すること”について

多くお伝えしていますが 

 

やはり今回の場合も

その一歩踏み出すことが

大事であると改めて感じました 

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

≪Q&Aコーナー≫

「Q&Aコーナー」に対する

皆さんからの質問を

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

 

 

7

関連記事

ページ上部へ戻る