負荷の大きさ

いつもブログを読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“負荷の大きさ”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

最近の行動から

岡部先生は私に

「最近チャレンジが薄い」

と言われました 

 

私の中ではブログを書いたり 

FPの試験に挑戦する 

それが自分の中での

チャレンジだと思っていました 

 

しかし岡部先生の思う 

大きなチャレンジというのは

 

「挑戦してみて 

 達成できるかどうか 

 分からないこと」

 

「達成した時に

『ヤッター!!』と

 ガッツポーズが出るくらい

 喜べることであるか」

 

と言われました 

 

その時私は言葉に詰まりました 

 

岡部先生から言わせると 

今私がチャレンジだと思っていることは

「やればできる事」

である“目標”である

 

FPの試験も勉強すれば

獲れるものであるし 

ブログも書き続きさえすれば 

達成することができます 

 

しかし

「これをやってみたいけど 

 今の私に出来るだろうか」

というような挑戦が 

岡部先生基準の

“チャレンジ”

であると言われました 

 

「お金や時間の制約がなければ 

 何に挑戦してみたい?」

 

そう問われて私から出てきた事は 

これまでの自分がやってきた事とは

全く違う道のことでした 

 

しかしそれを初めて言葉にし 

言った瞬間に

「やっぱりこれを

 挑戦してみたかったんだ」

と認める自分と

大きな「不安」を感じました 

 

それを素直に伝えたところ

 

「不安を乗り越えるからこそ 

 その先に大きなものを得られる」

 

「できるかできないか 

 わからないことが夢である」

 

「そこに向き合うには 

 エネルギーと覚悟が必要である」

 

「どうすれば達成できるのか 

 そのやり方は

 分かっているはずだから 

 それを今回の夢で

 達成してみればいい」

 

と言われました 

 

当然やってみたいと

思えることなので 

ワクワクするものです 

 

その上で不安や恐怖心が芽生える 

それが自分にとっての

“負荷”になるし 

どうすれば達成するかが

試行錯誤するからこそ 

様々な工夫が出てきます 

 

その過程がとても大事になってきます 

 

 

今岡部先生も 

一つの大きなチャレンジをされています 

だからこそ 

私もまた一つ大きなチャレンジを

しようと決意しました 

 

自分に負荷をかけ 

より変化する道を

新たに突き進んでいきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました  

 

≪Q&Aコーナー≫

「Q&Aコーナー」に対する

皆さんからの質問を

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

 

9

関連記事

ページ上部へ戻る