相手が喜ぶことを考える

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“相手が喜ぶことを考える”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

先日岡部先生とお話する中で 

今の私が一番大切にすべき事は

「相手の立場に立って考える」

というところである

という話をさせて頂いていました 

 

その時岡部先生が

言って頂いたことが

「相手の立場に立って

 考えるということは 

 『相手がどうしたら

  喜んでもらえるか』

という事を考えたら良いよ」

という事でした 

 

どうしても私は

相手の為にという

思いが欠けやすく 

「自分が」という主張が

強くなりがちです

 

岡部先生に相談された方が 

なぜ楽しそうに相談され 

岡部先生ともっと会いたいと

思われるのか 

 

それは岡部先生が常に

「相手を喜ばせるために 

 何が提供できるのか」

ということを

意識されているからだと思います

(もう岡部先生の場合は

 無意識のレベルで

 されているのかもしれませんが) 

 

その思いがあるからこそ 

岡部先生との時間を

居心地よく感じられる方が多く 

「もう2時間も

 経ってしまったんですか」

と言われるくらいに 

夢中で話されるのだと思います 

 

私自身もどんな人と

同じ時間を共有したいか

という事を考えた時に 

 

私のことを考えてくれる方と 

私のことは無視して

一方的に話をする方 

どちらと一緒に

過ごしたいかを考えた時に 

当然前者と一緒に居た方が 

自分も居心地が良いと思います 

 

お互いがそういう思いで

過ごせたとしたら 

すごく良い環境を

作れるのではないか 

 

だからこそ

相手に喜んでもらうには 

という意識を持つ事が 

今の私には特に

大切だと感じました 

 

気づいた事から真似をする 

まずはその意識を持って

人と接していきます

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

9

関連記事

ページ上部へ戻る