必要な相談ができるか

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“必要な相談ができるか”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

私は正直【報連相】が苦手で 

何を伝えなければならないのか 

という所があまり明確に

なっていませんでした 

 

その結果

「これは言う必要はないだろう」

と勝手に判断し 

相談しなかったことで後々

「なぜもっと早くに

 相談しなかったの?」

と言われてしまいました 

 

「上手くいかない人は

 大事な事ほど相談しない」

と岡部先生は言われました 

 

なぜそれが起こってしまうのか 

それは

「自分の考えが全て正しい」

と思い込んでしまうこと

原因の一つであると 

岡部先生から指摘して頂きました 

 

人が関わってくる場合であっても

「こう判断することが正しいんだ」

という自分の思い込みから

「その判断は相手にとっても

 良いと言える判断なのか」

という考えが浮かばず 

勝手に決めてしまい

問題視すらしない 

 

それが一番問題であると

気づかせて頂きました 

 

これまでの考え方や

モノの見方・捉え方では 

なかなか気づけないので

 

そこに関わる人は誰なのか 

影響を受ける人全員にとって 

その判断は良い結果に繋がるのか 

という視点を持つ 

 

まずはそこを意識しようと

考えました 

 

まだ挑戦している段階ですが 

結果を変えるために

これまでのパターンを変え 

“自分勝手な判断”

から卒業します 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

 

8

関連記事

ページ上部へ戻る