どう扱うか

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“どう扱うか”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

モノを扱う時 

同じものであっても 

扱う人や扱い方によって

結果は大きく変わります 

 

例えばお金も、お金持ちの人は 

お金の“扱い方”が分かっているので 

お金持ちはよりお金持ちになる

という構造が出来上がっています 

 

しかし普通の生活をしていた人が 

ある日突然宝くじを当てて 

大金を手にしてしまうと 

どうなるでしょうか 

 

高額当選者の多くは 

人生がめちゃくちゃに

なってしまうのだそうです 

 

それはなぜか 

岡部先生もよく言われるのは 

「急に大金を手にしても 

 その扱い方が分からないから 

 結果的に多くの方が

 破たんしてしまう」

とのことです 

 

包丁も同じでも同じことが言えます

包丁はそれを使って料理をすることで 

人を喜ばせるための道具である一方 

 

誤った使い方をしてしまうと 

人を傷つけたり殺めてしまう事も 

可能な道具なのです 

 

「諸刃の剣」とも言われるように 

使い方次第で人を喜ばせることも 

傷つけることもできてしまうのです 

 

お金も使うスキルをきちんと

身に付けておかなければ 

大金を手にしたとしても 

けがをしてしまいます 

 

だからこそ正しい使い方を学び 

自分自身がどう使うのか 

それが一番大事になります 

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

8

関連記事

ページ上部へ戻る