ファイナンシャルプランナー=保険屋さんではないpart-2

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“ファイナンシャルプランナー

 =保険屋さんではないpart-2”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

前回のブログでは 

ファイナンシャルプランナーと

保険屋さんの仕事は何なのか

ということを

お伝えさせて頂きました 

詳しくは⇒コチラ 

 

それぞれ仕事の目的が異なるのに 

なぜファイナンシャルプランナー

=保険屋さんというイメージが

強いのでしょうか 

 

なぜ“ファイナンシャルプランナー”に

特化して活動されている方が

少ないのでしょうか 

 

岡部先生に教えて頂いたのは 

私達が

「お金の教育を受けていない」

というところに

原因があると仰いました 

 

学校では「お金の授業」

という時間はなく 

お金について学校で

学ぶ機会がありません 

 

しかし社会に出て

自分でお金を稼ぐようになったとたんに 

いきなりお金の管理は

自分でやらなければなりません 

 

今の日本はお金が無ければ

生きてはいけません 

「お金が全て」

ではありませんが 

無くてはならないものです 

 

どのようにお金を稼ぎ 

どのようにお金使うのか 

どのようにお金を殖やすのか 

ということを知ることが 

どれほど大事な事かというを

知らないので

お金について学ぼうとしないし

考えようともしません 

 

私たちはお金に関心を持たないので 

「お金を払って

 お金の事をプロに相談する」

という習慣がありません 

 

だから多くの

ファイナンシャルプランナー

どうなるかというと 

「何かを売りながらでなければ

 生活できない」

という状況に陥ってしまうのです 

 

ファイナンシャルプランナーの

資格を持っている方の多くは 

保険屋さんだったり 

不動産屋さんであることが

多いのです 

 

保険や不動産など 

何かを売るために

ファイナンシャルプランナー

知識を活かされている方が 

沢山いらっしゃいます

 

もちろんそうではなく 

本当にお客様の為にと 

それぞれの商品を提供されている

素晴らしい方も沢山いらっしゃると

思います 

 

ここで一つお伝えしたいのは 

ファイナンシャルプランナーと

保険屋さん 

どちらが良いのか悪いか

ということを 

お伝えしたい訳ではありません 

 

ファイナンシャルプランナーと

保険屋さんに「違い」があることを 

多くの方が知らないことを 

沢山体感したので 

その違いをお伝えしたかったのです 

 

そして岡部先生も個別相談の中で

保険のことを分かり易く教えて下さり 

そこに一番衝撃を受ける方が多いので 

よく「保険屋さん」と

間違われてしまうことがあります 

 

しかし岡部先生の場合は

本物の“ファイナンシャルプランナー”

として活動されています 

 

“継続した豊かで幸せな人生の実現の為に 

 精神的・経済的自立をサポートする”

これが岡部先生の理念です 

 

保険を売ることが目的ではないので 

保険を売るために

話をされている訳ではありません 

 

ファイナンシャルプランナーと

保険屋さんにはそれくらい

大きな違いがあるという事を 

一人でも多くの方に知って頂きたく

今回はお伝えさせて頂きました 

 

そして注意して頂きたいのは 

保険を売る事、不動産を売る事を

目的にされている方の中には 

「売れればいい」

という考えで話をされる方

いるということです

 

「あなたの為に」

と言いながら

自分の売り上げのことしか

考えていない方

中にはいらっしゃるので 

注意が必要です 

 

だからこそ

「誰に相談するのか」

というのも大事になってくるので 

本当にスキルのある人 

そして本当に私たちのことを

考えてくれる人 

そんな方を見極める必要があると 

私は思います 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

8

関連記事

ページ上部へ戻る