本当にそれは投資ですか?

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

今日は

“本当にそれは投資ですか?”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

「【投資】とは

 何だと思いますか?」 

と問われた時 

明確に答えることができますか 

 

例えば 

様々なセミナーや勉強会

参加される方は 

それを【投資】だと思って

参加されている方が

ほとんどだと思います 

 

しかし本当にそれは

投資と言えるのでしょうか 

 

岡部先生の基準を教えて頂いたことで 

私自身は“投資”と思っていたことに対して

改めて見直すきっかけになりました 

 

岡部先生の基準は

 

「100円を出して 

 200円が返ってきたら 

 投資」

「100円を出して 

 何も返ってこなかったら 

 投資ではない」

 

と言われました

つまり

 

「投資とは自分で期限を決めて 

 その期限までにお金を回収する

 見込みを立ててやることが 

 投資である」

 

ということです

 

 

「投資と思って使っているお金が 

 いつ返ってくるのか 

 わかっていますか」

と問われた時に 

「分からない」

「そこまでの計画を立てていない」

となってしまう人は 

投資になっていない可能性がある 

という見方ができます 

 

投資ではなかった時 

それは何になるのか 

ということを考えなければなりません  

 

(※投資以外に 

 どのような基準があるのかについては 

 コチラをクリック

 ⇒“お金を使う時の基準”) 

 

自分が投資と思っていたことが 

本当に投資であるのか 

それに気づくだけでも 

今後のお金の使い方は 

変わってくるはずです 

 

まずは自分の今の現状に向き合い 

お金の使い方を考える一つの基準として 

今の自分が投資と思っていることが 

本当に投資になっているかどうか 

そこに目を向ける必要があると思います 

 

あなたが投資と思っていることは 

本当に投資になっていますか?

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

 

9

関連記事

ページ上部へ戻る