本音で生きる

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“本音で生きる”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

岡部先生にお会いしたことの

ある方はよくご存知かと思いますが 

 

岡部先生は 

いつお会いしても 

考えが一定です 

 

会うたびに違うことを言われる 

なんてことは一度も

感じたことがありません 

 

それはなぜなのか 

常に“本音”で話して下さる

からだと思います 

 

本音で話すといっても 

ただ岡部先生の考えを

押し付けるような 

そんな事ではありません 

 

常に相手の立場に立ち 

相手に配慮をした上で 

岡部先生の思いや考えを

伝えて下さいます

 

聞き手がわかり易い言葉で

感情的でなく 

あくまで客観的な視点から

お話して下さいます  

 

そんな岡部先生の言葉は

説得力があるので 

自分が向き合いたくない所や 

触れたくない核心の部分を 

ピンポイントに突かれてしまう 

そんな事もあります 

 

表面的には厳しい言葉に 

聞こえてしまう事も

時にはあります 

 

しかしなぜ岡部先生が

そのような表現をされるのか 

その言葉の一つ一つには 

意味があります 

 

優しく伝えるだけが 

その人の為になるとは限りません

側について1から10まで

丁寧に教えることが 

その人ためになるとは限りません 

 

時には突き放したような表現

をされることもあります

 

捉え方によっては 

厳しく聞こえることも 

あるかもしれません

 

でも私は岡部先生の言葉を

厳しいと捉えたことは 

ほとんどありません 

 

それはなぜかというと

理不尽な言い方を決してされず 

その言葉の奥にある思い

本当に私のために

言って下さっていることが 

伝わってくるからです 

 

本音だからこそ

伝わるのだと思います 

 

だからこそ私も

そんな生き方がしたい 

人の評価を気にするのでなく 

本当に相手のことを考え 

相手のためになることを

言葉にして伝える 

 

周りの反応を気にすると 

つい自分の本音を

隠してしまいます 

 

相手へ“配慮”をした上で 

本音を伝えられる人になりたい

そう思うので 

本音で伝える勇気を持ち 

ご縁があって出逢った方々に 

しっかり向き合います 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

≪Q&Aコーナー≫

新コーナーとして提案する 

「Q&Aコーナー」に対する 

皆さんからの質問を 

募集しております

”お金に対しての悩み”

”「考え方」「在り方」について

聞きたいこと” 

など皆さんからお寄せ頂いた質問に対して 

この場で皆さんにシェアしながら

お伝えできればと思います

質問のある方はこちらから

↓↓

 

 

10

関連記事

ページ上部へ戻る