9月美文字道教室が開催されました

9月の美文字道教室が開催されました!

 

岡部先生の

美文字“道”教室

単に

“字をキレイに書く”ことだけ

に留まりません

 

今日はいつもと違う場所

いつもと違うメンバーでの

レッスンになったのですが

私を含め参加された方は

字を書く以前に

見直すべきことがあったり

 

そして今の自分自身の状態が

書き出しの字にダイレクトに

現れていました

 

「まずは今の自分が

 どこまでできるか

 書いてみよう」

と自分はできるという前提で

前回のメモを見らずに練習し

 

やはり自分が納得できる字が

なかなか書けなかったので

前回のメモを確認して

再び練習しました

 

それがこの状態です

左上が最初に書いた字

右下が前回の復習を踏まえて

書いた字です

 

赤ペンの添削がない状態で

岡部先生へ質問しました

 

そこで岡部先生から言われたのは

「レッスンまでに既に

 最後に書いた字の

 状態でいれれば 

 レッスン始まってすぐに

 今と同じ状態で質問できるように

 なっていたはずだよね」 

 

「書き始めるまで 

 もっといえば今日この場に

 参加するまでの姿勢が違えば 

 行動は変わるし 

 受けに来た状態も

 今とは違ったはず」

と言われました 

 

確かに振り返ってみると 

今日のレッスンを受けるまでに

「なぜこの行動を

 してしまったのだろう」

と反省する点がいくつもありました 

 

限られたレッスン時間の中で

いかに吸収できるか

 

いつの間にか美文字道教室を

「受けることが当たり前」

のようになっており 

受ける姿勢が当初と

変わってきていました 

 

“もっと上手く書きたい” 

“今の字を変化させたい” 

そう思っているにる関わらず 

 

ずっと自分基準のペースで

レッスンを受けてしまっている

 

これでは毎回毎回

前半は復習で終わってしまい 

後半やっと学び始め

変化し始めた頃に 

レッスンが終わってしまいます

 

これは非常にもったいない!

と今日の岡部先生からのお話で

気づかせて頂きました

 

まずは

“美文字道教室”

に向き合う姿勢

そこを見直し 

新たなチャレンジとして 

「毎日この課題を練習しよう」

と決めて取り組む

 

次回のレッスンでは

練習した状態で受けれるよう 

トレーニングをしていきます

 

結局この癖が 

他の事にも同じ現象を

引き起こしていたので 

まずは美文字道教室の練習から 

その癖を矯正していきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

10

関連記事

ページ上部へ戻る