積極的に行動した方が楽

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“積極的に行動した方が楽”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

自分から積極的に

行動することが大事 

ということは頭では分かっていても 

なかなか実際のアクションに

結びつかないことも 

あるかと思います 

 

そんな時に岡部先生が

言われていたことが 

「受け身でいるより 

 自分から積極的に行動した方が 

 圧倒的に楽」

であると言われました 

 

その理由をお聞きしたところ 

次のように言われました 

 

受け身でいるという事は 

指示されたことをやるので 

『出来て当たり前』

とみなされる 

逆に出来なかった時に 

『なぜできないのか』 

責められる可能性があります 

 

さらにできない自分を 

より責めてしまい 

自分に自信がなくなります 

 

 

一方積極的に行動すること 

チャレンジしている時には 

常に

『どうしたらできるようになるか』 

を追求し続けます 

どんどん次の一歩を踏み出し

トライ&エラーを

成功するまで続けるのです

 

すると途中であきらめない限り 

成功するしかなくなるのです  

 

成功体験が積みあがると 

自分に自信がついてきます 

 

 

岡部先生の言われる

「受け身でいるより 

 自分から積極的に行動した方が 

 圧倒的に楽」

という言葉はただの“楽”をする 

という意味ではなく 

 

受け身よりも積極的に行動した方が

次の一歩を容易に踏み出せます

 

次の一歩を踏み出す 

すなわちチャレンジすることが 

結果にも結び付くし 

変化をする上でとても大事になります 

 

だからこそ受け身ではなく

積極的に行動する 

その楽しみを感じながら 

チャレンジしていきます 

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

8

関連記事

ページ上部へ戻る