時間の大切さ

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“時間の大切さ”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

成功者と呼ばれる方々は 

とても“時間”を大切にされます 

 

時間はお金で買うことはできませんし 

みんな平等だからです 

 

自分でコントロールして 

増やしたり減らしたり

できるものでもありません 

 

しかし

「限られた時間をどう使うのか」

ということは自分でコントロールできます 

 

だからこそ岡部先生は

「時間の使い方」

を常に意識されています 

 

そこで気を付けなければ

ならないのは 

自分で自分の時間を大事にすること 

も大事ですが 

そこに相手がいる場合 

相手の時間も大事にする 

ということです 

 

例えば“遅刻”というのは 

時間を大切にする人は

ほとんどされません 

 

万が一遅刻しそうな時は 

その重大さが分かっているので 

必ず遅れると分かった時点で

連絡をされます 

 

岡部先生の場合1分でも遅れそうな場合は 

連絡をされます 

 

待たせる側の1分と 

待たされる側の1分は 

同じ1分でも感じる長さが

異なるからです 

 

特にいつ来るか分からずに

「待たされている方」

はよりその1分が長く感じてしまいます 

 

そして待たせる時間は

相手の大事な時間を

奪ってしまうのです 

 

岡部先生から以前の私は 

「時間泥棒」

と言われていました 

 

約束の時間に遅れてしまったり 

私のグチグチした話で 

岡部先生の大事な時間を

奪ってしまっていたからです 

 

それを気付かずにやっていました 

 

しかし今は 

時間の大事さが少しずつですが

分かっているからこそ 

ほとんど以前のようなことは

無くなりました 

 

たまに電話で

グチグチ言い出してしまった時には 

電話を切られるようになりました 

お互いにとって良い時間の使い方では

ないからです 

 

時間は沢山あるようですが有限です 

 

だからこそ限られた時間を

どう過ごすのか 

その一つ一つの意識と行動の積み重ねが 

大事になります 

相手の時間 

自分の時間 

どちらも大事にすることを 

心掛けていきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

7

関連記事

ページ上部へ戻る