同じことを繰り返すときに見直すポイント

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“同じことを繰り返すときに

 見直すポイント” 

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

※補足※

今日のブログへご指摘を

頂きましたので

補足させて頂きます 

 
今日お伝えしたことの前提には 

思うような結果に

ならなかった事 

出来なかった自分

をまず認める 

というところからスタートします 

 

そこを見ようとしない 

そんな自分を受け入れられないと 

いつまでも次に

進むことができません  

 

まず“自分を認める”

ということを前提にして 

その後どう考えていくべきか 

それを念頭に

お読み頂ければと思います

 

例えば「失敗」と思われる結果を

何度も繰り返し出してしまった時

岡部先生はいつも 

「一つの結果として

 こういう風になってますよ」 

と言われてきました 

 

思い通りでない結果から 

思い通りの結果に変えるためには 

次にどうすべきなのか 

それを考えることが大事であると 

言われていました 

 

しかしそこでの考え方にも 

大きな違いがある事を 

気づかせて頂きました 

 

私は

「できなかったことや苦手な事を

 出来るようになるためには

 どうしたら良いか」

というできなかったこと(=失敗)に

フォーカスしていました 

 

一方で岡部先生の思考は 

「思った結果(=成功)

 になるためには

 どうしたら良いか」

という事にフォーカスされていたのです 

 

 

例えば岡部先生は 

営業を一切されません

特に 

「飛び込み営業は自分は嫌いだ」

という思いを明確に持たれています 

 

一方で岡部先生の強みの一つが 

「分かり易い説明ができる」

というところです 

 

だからこそ岡部先生は

何かを売り込むのではなく 

岡部先生の強みである

「教える」

という事をメインにして

活動されています 

 

「飛び込み営業」が苦手だから

克服しよう

という事ではなく 

得意である「教える」

という事を通して 

どうお役に立てるのか 

という考え方をされています 

 

これは私にとって目から鱗でした 

 

一見同じような考え方を

しているようですが  

「苦手を克服する」事を考えるのと 

「得意な事を伸ばす」事を考えるのは

大きな違いであると 

気づかせて頂いたのです 

 

私はいつも苦手な事にフォーカスし 

「得意な事を活かす」という発想が

欠けていました

 

だからこそ、まずは自分の

「得意な事」「苦手な事」

を明確に把握し 

 

「得意な事を活かす」方向で 

常に考えていけるように 

まずその考え方のベースを

変えていきます 

 

※補足※

今日のブログへご指摘を

頂きましたので 

補足させて頂きます 

 

今日お伝えしたことの前提には 

思うような結果にならなかった事 

出来なかった自分をまず認める 

というところからスタートします 

 

そこを見ようとしない 

そんな自分を受け入れられないと 

いつまでも次に進むことができません  

 

まず“自分を認める”

ということを前提にして 

その後どう考えていくべきか 

それを念頭にお読み頂ければと思います

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

5

 

関連記事

ページ上部へ戻る