「人のため」の前に

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“「人のために」の前に” 

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

「人のお役に立つ事をする」

この考え方は素晴らしいこと

だと思いますし 

岡部先生もこの考えを

大事にされています 

 

しかしここで注意すべきことがあります 

それは

「人の役に立ちたい」

という言葉の前に 

「自分のことは(どうでも)いいから」 

と思ってしまう事です 

 

「お金はいいから 

 とにかく人に与えたい」

とサービスばかりに

結果的に良いものを

提供しているにも関わらず 

本人の生活は苦しくなる 

という状況になること 

 

そうなってしまうと 

結果的に良いものを提供し続ける

ということ自体が

難しくなってしまいます 

 

「ボランティアをするにもお金が必要」

と岡部先生がよく言われるように 

ボランティアに行きたくても

タダでは行くことが出来ません

 

被災地への交通費や宿泊代 

現地での飲食代 

そしてボランティアに

行っている間に

仕事ができない分の収入の補填など 

 

これらの条件を整えなければ 

どんなに助けたくとも 

手伝うことすらできないのです 

 

だからこそ

「まず自分が稼いで潤う」

という状況を作る事が 

大事になります 

 

「まずは自分が潤う事 

 そうすれば人に与えられるようになるし 

 受け取る側も潤っている人からであれば

 気持ちよく受け取ることができる」

と岡部先生は言われます 

 

人を豊かで幸せな人生に導きたければ 

まず自分がその状態になること 

 

私もその考え方を

しっかり意識していきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

関連記事

ページ上部へ戻る