素直に認める

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“素直に認める”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

これまで自分自身が 

「好きでやっている」

と思っていたにも関わらず

結果的に周囲からは

「それに対して興味がないんだね」 

と思わせてしまうな行動をしていました 

 

しかしそう指摘されても 

「いえ、私は興味があるから

 やっているんです!」 

頑なに否定していました  

 

しかし今回岡部先生から 

「“興味が無い”という結果を

 出し続けているのに 

 自分が認めないから 

 改善もできないし 

 変化もすることもできない」 

と言われました 

 

“興味がない”ということ自体は 

決して悪い事ではなく 

自分の本心と違うことをしているから 

違和感がある 

 

「“興味がない”ならないで

 まず自分が認めることで 

 これから別の道を歩いていくか 

 興味がないのを分かった上で

 対処するのか」 

 

「自分の本心を認めることで 

 次の一歩を踏み出すことができる」

と言われました 

 

それを言われた時に素直に

「思っていない」

「できない」

という自分を認めることを恐れて 

頑なに否定していたことに気づけました

 

だからこそ自分の本音に向き合うことで 

「私は興味がないです」

とやっと口にすることが出来ました  

 

その瞬間に肩の荷が下りたような感覚と 

「それを踏まえて自分がどうしたいのか」

というこれまでとは違う感覚で

自分と向き合えるようになりました 

 

結果的には

「興味がない」

と分かった上で 

どう対処するかを考えながら 

向き合っていく 

という結論に至りました 

 

自分の本音を

否定するのではなく 

認める 

 

自分に対してでも 

無意識に小さな嘘をつき続けると 

後々大きな問題に発展して 

自分に返ってきてしまいます  

 

そうではなくて

「今はこの答えが正解かな」

と周りの目を気にするのではなく 

自分の思いをストレートに伝える  

それが一番大切なのだと思います 

 

だからこそ飾らず 

自分の思いを素直に伝える 

 

それをより意識して

今後の行動を変化させていきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

関連記事

ページ上部へ戻る