インプットとアウトプットpart2

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“インプットとアウトプットpart2” 

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

以前も

インプットとアウトプット

というテーマについては

お伝えさせて頂きましたが

 

最近新たなチャレンジの為に

「学ぶ」機会が増えてきました

 

そんな私に岡部先生から 

インプットとアウトプットの

関係性について次の事を

言って下さいました 

 

「インプットをするということは 

 アウトプットをしなければ 

 釣り合いが取れない」

ということです 

 

そしてそれぞれの

割合は同じではいけない

ということでした 

 

ではそれぞれどれくらいの

割合でなければならないのか 

 

それは

「インプット:アウトプット=1:3」

でないと釣り合いが取れないそうです 

 

これができなければ 

溜まる一方になり 

病気になってしまいます 

 

人間の体も同じで 

「食べてばかりで

『出すのはもったいないから』

 と排泄しなければ病気になる」

というように 

 

入れて出すという“循環”

自然の摂理の中では

必要になっています 

 

学びに対しても同じことが

言えるのだと思います 

 

学んだことの3倍を

アウトプットするということは

1つの事から3以上のことを学び 

自分の中に落とし込めなければ 

伝えることはできません 

 

私もこのブログを

書きながら思う事は 

「本当に自分が理解したこと 

 腑に落ちた事しか 

 伝えることはできないし 

 伝わらない」

ということです 

 

そこで本当に自分自身が

理解できているか 

そうではないのかの

線引きができています 

 

それもアウトプットしたからこそ 

気づけたことです 

 

だからこそインプット以上に

アウトプットする 

それがとても重要だと 

今回岡部先生からのアドバイスで 

再確認しました 

 

アウトプットの場があれば 

それを活用し 

なければ作り出せばいいのです 

 

私は幸いなことに 

このブログや同じ価値観の方々と 

アウトプットし合う場が

あるので

その場をしっかり活用し

 

インプットばかりに

意識がいくのではなく 

アウトプットにより

意識を向けていきます 

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

10

関連記事

ページ上部へ戻る