言葉の使い方

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“言葉の使い方”

についてお伝えさせて頂きます 

 

普段何気なく使っている

【言葉】

自分では何も思わず発する言葉でも 

相手を喜ばせる事もあれば 

相手を傷つけてしまう事も 

どちらもあります 

 

岡部先生が

よく言われるのですが

 

『言葉は包丁と同じようなもので

 包丁は正しく使えば

 料理をすることで人を笑顔に

 することもできるし

 間違った使い方をすれば

 人を殺めてしまうことも

 できます』

 

『言葉もどんな言葉を発するかで

 相手を喜ばせることもできれば

 不快にさせることもできます』

 

『だからこそ

 使い方がとても大事なんだよ』

 

と言われました 

 

相手がどう感じるのか 

そこを考えられるかどうかが

より大事になると思います 

 

“相手の立場に立って物事を考える”

 

常にこの意識を頭に入れ 

自分の言葉一つ一つに

しっかりと責任を持ちます

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る