受け取るためには

いつもブログをお読み頂き 

ありがとうございます 

 

今日は

“受け取るためには”

というテーマでお伝えさせて頂きます 

 

何かを受け取る時 

例えばお金もそうですが 

 

自分は何もしていないのに

お金が降ってくる  

逆に 

自分は何もしていないのに 

勝手にお金が無くなる 

 

なんてことは

有り得ないと思います 

 

働いたからお給料を頂く 

モノを買ったりサービスを受けたから 

お金を払う 

それが大前提だと思います 

 

だからこそ岡部先生が言われるのは 

「何かを受け取る前に 

 まずは自分が提供しなければ

 何も受け取ることはできないよ」

と言われました 

 

「アシスタントとして 

 何かお客様に

 提供できていますか?」

 

思うようにアシスタントの仕事が 

できていなかった時に

そう問われ 

私は何も答えることが

できませんでした 

 

「仕事をしていない人に 

 給料は渡せない」

と言われたり

「それは仕事してないね」

と第三者の方からも指摘され

やっと自分の行動を振り返り

「自分は何もしていなかった」

と気付かされました 

 

その後

「アシスタントとして何をすべきか」

をもう一度考え、行動した結果 

お給料を頂くことができました 

 

その時そこまでして頂かないと 

「何もしていない自分」

に気づけなかったことが 

恥ずかしくなりました 

 

だからこそ受け取る前に 

まずは自分が与える 

 

受け取ることばかり

考えるのではなく 

与える事を考える 

 

そうすると自然と

“入ってくる”

流れが来るはずです 

 

まず自分に提供できることを

与える 

そこを意識していきます 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

8

関連記事

ページ上部へ戻る