目的と一緒に考えること

いつもブログをお読み頂き 

ありがごうございます 

 

今日は

“目的と一緒に考えること”

というテーマでお伝えさせて頂きます

 

昨日は“目的”の大切さを

お伝えさせて頂いていました

 

今日はその補足としてもう一つ

お伝えします

 

昨日お話した“目的”だけでは

不十分な場合があります

 

目的ともう一つ

平行して考えるべきことは

“優先順位”

です

 

“目的”が明確であるとき

それが複数ある場合もあります

 

そうなった時に

“優先順位”を付けることが

非常に大切になります

 

逆に言うと

“優先順位”を

間違ってしまうと

取返しのつかない事に

なってしまうこともあります

 

優先順位を誤るとどうなるのか

岡部先生がよく話される

極端な例え話をお借りすると

 

お腹にナイフが刺さっていて

大量に出血しているとします

片や指先を紙でちょっと切ったような

切り傷があるとします


どちらから処置すべきでしょうか

もちろん大量に出血している

お腹を処置して

血を止めてあげないといけませんよね

 

それはなぜか

大量に出血している方を処置しないと

死んでしまうからです

 

極端な例ですが

それだけ“優先順位”というのは

今回のように

「治療する」

という同じ目的を持っていたとしても

どちらから手を付けるのかが

重要になります

 

だからこそ

目的を決めた上で優先順位をつける

この2つのセットが大事になります

 

私も日々意識していることは

「アシスタントとして

 岡部先生のサポートをする」

という目的を達成させるための

優先順位をつけることです

 

この2つの軸を常に確認をしながら

行動していきます

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る