それぞれの価値観

いつもブログをお読み頂き

ありがとうございます 

 

今日は

“それぞれの価値観”

というテーマでお伝えさせて頂きます

 

このブログを書き続けている中で 

アシスタントの私が岡部先生から

学ばせて頂いたことを

お伝えしているため

普段の岡部先生の言葉を

そのままお伝えしています

 

そうなった時に

岡部先生の言葉を

そのままお伝えするので

傍からみると

「岡部先生って厳しいんだ…」

と思われることもあるかもしれません

 

しかし、私からすると

「そう言わせてしまうような

 行動をしているのは私だから」

という捉え方をしているので

「厳しい」

というよりもむしろ

「言って頂いて有り難い」

と感じています

 

しかしそれが当たり前と思って

発信していても、もしかしたら

誤解を招いているのではないか…

 

そう思い岡部先生に相談したところ

「言った言葉は事実なんだから良いよ

 そこを嘘をついて飾る必要はない」

と言われました

 

それを聞いて納得する私に

続けてこう言われました

 

「事実を伝えて、そんなこという人に

 会いたくないとか相談したくない

 という人はそれはそれで良いんだよ」

 

「それよりも俺が話をすることで

 喜んでくれる方に対して

 力を注いでいきたい

と言われました 

 

それを聞いた時に思わず

「確かに!!」

と声が出ました 

 

 

以前の私はよく

周りの目や周りの評価を気にして 

誰にでも良い顔をしようと

していました

 

さらに価値観の違う相手に対しては

無理矢理自分の価値観を

押し付けてしまうこともありました

 

しかし岡部先生の考え方は

人それぞれ価値観が違うのは

当たり前だから 

良いとか悪いとかはない 

 

だけど違う価値観を相手に強要するのは 

お互いに良い思いはしない 

 

だったら無理に違う価値観を

押し付けるのではなく 

自分の価値観を求めてくれる人に

時間と労力を注いで

喜んでもらいたいし

そういう人達と大事な時間を

共有したい

 

 

そんな考え方の岡部先生に

共感したからこそ

私もアシスタントとして

お手伝いさせて頂きながら

岡部先生の“在り方”を

学ばせて頂きたいと

この志事を始めさせて頂いたことを

再確認しました 

 

だからこそ私自身も

自分の思いを正直に貫いていく 

 

でもそれは我が儘を通すのではなく

お互いの考え方を尊重する 

そんな人になっていきます

 

3年前の私は

「良いものを良い!」

とちゃんと言える人になる

これが目標でした 

 

今はだいぶそれが

実現できつつあるなと

実感しています

 

そこにより磨きをかけ

自分の信じる方向に

突き進んでいきます 

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る