失敗してからが大事

いつもブログをお読み頂き

ありがとうございます

 

今日は

“失敗してからが大事”

というテーマで書かせて頂きます

 

これまでのブログの中で

☆自分が思い描いた結果が

 現実に起きる

☆学ぶだけでなく、行動にする

目の前の事に全力で取り組む

などを書いてきました

 

その時その時で自分の中で気合いを入れて

「よし!やるぞ!!」

と取り組み始めたものの

私の悪い癖が出始めました

 

それは

何度も同じ失敗を繰り返してしまう

ということです

 

その原因は何なのか

岡部先生が言われるのは

「失敗することは仕方ない

 じゃあ、その失敗が起きた時に

 どう改善するのか」

「解決策を具体的に提示して

 それをやってみたらいいよ」

と言われました

 

そこで改善策を具体的に教えて頂いたので

あとはやるだけです

 

ところが、更に問題が発生しました

 

岡部先生からその解決策を

教えて頂いているのにも関わらず 

改善できていないことです

 

 

どうすればいいのか

分かっているのに

実践しようとしない

これが私の中の今の一番の問題です

 

岡部先生にも問われると

解決策は答えることはできます

 

頭では分かっている、正確に言えば

分かったつもりになっているのです

 

改善策をやろうとしなかったために

何度も同じミスを繰り返してきました

 

アドバイスを頂いても

それを活かしきれていない

ただ“知識”を知っているだけ

 

それだけでは何も結果は変わらないと

分かっているのにやらない

 

結果は出ない負のサイクルの繰り返しに

自分で勝手に陥っていました

 

 

例えば最近、岡部先生との

“報告漏れ”と“連絡が取れない状況”

というのがアシスタントとして

問題となっていました

 

なので

・小さな報告はメールで報告する

・電話はいつでも気づけるよう音を出したり

 首から下げれるようにする

などの対策を取っていました 

 

しかし今日また

・報告をきちんとできていない

・電話が鳴る可能性がある状況にも関わらず

 電話を鞄にしまっている

という状況にしてしまい

肝心な時に連絡が取れずに

岡部先生を困らせてしまいました

 

アシスタントはアシストするために

志事をするはずなのに 

アシストどころの話ではありません 

 

じゃあどうすればいいのか

 

また同じことに取り組んでも

同じ結果にしかなりません 

 

結果を変えるなら 

行動も変えなければなりません

 

今回の件に関しては

・報告すべきか迷ったらまず

 「岡部先生に今の状況が伝わっているか」

 を確認する

 伝わっていないようであれば

 必要なことを報告して認識を一致する

・ケータイを鞄にしまうことを禁止する

(音を出せば気づくだろうと

 鞄にしまうこともあったので)

 

まずはこれを1週間やってみて

何か変わるかどうか

具体的な案に対して

取り組んでみます 

 

今の私にとっては

とても大事なことなので 

この対策案に対しても

全力で向き合います

 

 

最後までお読み頂き 

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る