悩む時間があるということは

いつもブログをお読み頂き

ありがとうございます

 

今日は

“悩む時間があるということは”

というテーマでお伝えさせて頂きます

 

 

悩んでいる期間というのは

誰でも「きつい」「辛い」時間

だと思います

 

私自身も勝手に悩みだして

一人で抜け出せなくなり

落ち込んでしまうことがあるんですが

 

ある時岡部先生に

「悩むよりも

 何か行動できることはないの?」

「いいね、悩んでる時間があって

 それだけ暇なんだね」

と言われたことがありました

 

それを言われた時に

「まだできることは残っているのに

 何を悩んでいるんだろう!!」

とハッとしました

 

結局悩んでいる時間は

何も行動しないから

何も状況は変化しません

 

それよりも、上手くいかない時ほど

今何かできないのかを懸命に考えて

それをやってみる

 

その方が一人で落ち込んだり

悩んでいるよりも、状況が良い方向に

進む可能性があります

 

悩んで解決するなら良いですが

悩んでも何も解決しないなら

何か違うアクションを取った方が

よっぽどマシです 

 

そう分かっていても

私もまだまだ状況に流されて

悩んだり落ち込んだり

することもありますが

 

そんな時こそ

今やるべき事

今できること

にフォーカスしてアクションしていきます

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る