期限を決める

いつもブログをお読み頂き
ありがとうございます

今回は
“期限を決める”
というテーマでお伝えさせて頂きます

 
当たり前のようにされている方は

沢山いらっしゃると思いますが
計画を立てて取り組む事が

苦手な私は
「期限を決める」
ということに

重きをおいていませんでした

 

その結果

優先すべきことなのに
期限がないので

いつ終わるか作業が終わるか

分からない状況になり
いつまでも終わらなかったり
目処が立たずに

長引いてしまっていました

 

その時の私は
ゴールのないマラソンを
走り続けているような
そんな状況でした

 

なので作業などをする私に
岡部先生は

 

「いつまでに終わらせるの?」
といつも問いかけて下さいました

 

その期限を決める際も
一週間後に設定するのか
3日後に設定するのか

 

もちろん内容によっては
一週間かかってしまうことが
あると思います

 

しかし、そこで重要な目線は
「これ以上期限を早められない」

と本当に思えるのか

ということです

 

もちろん余裕を見て
ということを考えるのも大事だとは
思います

しかし岡部先生が見られているのは
「最初からできない前提で
 ゆっくり作業しようと思ったら
 そうにしかならないよ」
と仰られます

 
確かに実際
「この日程では厳しいかも」
と思える日で設定してみました

すると
「その日までに終わらせるには
 どう時間を使えばよいか」
と必死になり

隙間時間の作業時間も

進めるのに必死で

取り掛かっていました

 

そして気づけば

厳しいはずの期限内に
結果的には終わらせることが

できました

 
もちろんペースは人それぞれです

ですが、設定する際に
「本当にその日まで

 じゃないとできないのか」
と自分に問いかけること

 

これは大事なことだと思います
少しでも行動を早くすれば
結果が出てくるのも早くなります

 

かといって明らかに

無茶な期限を設定するのは

やり過ぎですが

 

今の期限の決め方を
「全力を出しても

 ここまで時間が必要」
と思えるかどうか

 

その目線を取り入れてみては
いかがでしょうか
私もまだまだ期限の設定の仕方が
上手くいかないこともありますが

 

全力で取り組む
という大前提で決めていきます

 
最後までお読み頂き
ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る