考え方の基準

いつもブログをお読み頂き

ありがとうございます

 

今日は

“考え方の基準”

というテーマで

お伝えさせて頂きます

 

私が岡部先生のアシスタントのお志事を

させて頂きたいと思う理由の一つが

岡部先生の考え方・在り方

学ばせて頂きたいという

思いがあるからです

 

そこを学ばせて頂いている私に

ずっと岡部先生からご指摘頂く

行動を決めるための優先順位があります

 

これをよく見失うばかりに

結果的に周りを不快にしてしまう行動

知らず知らずのうちにとってしまうことが

多々ありました

 

岡部先生の考え方の基準は

「目の前の方のお役に立つ事は何か」

ということと

「その中で自分にできる事は何か」

ということです

 

つまり

「どんな状態が

 理想的な状態したいのか」

というのと

「その理想の状態を達成するには

 自分になにができるのか」

とういこと基準で考えることです

 

岡部先生の場合、基準が常に

「相手」

なのです

 

いつも自分の事ばかり考える私は

常に基準が

「自分」

になっていました

そこに対していつもご指摘下さいます

 

岡部先生に対してもそうです

「アシスタント」として

お志事をさせて頂くということは

 

「岡部先生のお客様が喜んで

 頂くためにどうしたらいいのか」

ということと

「岡部先生がより志事をしやすい環境

 にするにはどうすればいいのか」

ということを考える必要があります

 

その上で

「アシスタントとして

 自分に何ができるのか」

という目線で自分にできることを見つけ

行動する必要があります

 

まだまだ「自分が」となってしまうことを

改善していきたいので、この意識を持って

言葉を発する際

行動する際

に活かしていきます

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る