自分に合った環境を作りだす

いつもブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

今日は

“自分に合った環境を作りだす”

というテーマについて

お伝えさせて頂きます

 

岡部先生はよく

「人は周囲の環境の

 影響を受けやすいから

 自分がどんな環境にいたいのか

 普段どのような環境にいるのか

 が大事」

と仰います

 

もちろん私もそうで

私の場合は岡部先生の

アシスタントとは言っても

四六時中岡部先生の傍にいて

岡部先生の考えを学びながら

志事をしているわけではありません

 

岡部先生とは別行動をし

作業をしたりする日々が大半です

 

そんな中で私の課題

“どこ”で作業をするか

“いつまで”に終わらせるかという

期限明確にすることです

 

私は会社員ではありません

あくまで一個人として自立した状態で

アシスタントとしてお役に立ちたいと思い

活動させて頂いています

 

出社する場所があるわけでも

出社を管理されるわけでもありません

 

その日にどこまで志事を終わらせるのかを

明確に決められているわけでもありません

あくまでも主体的に行動すること

岡部先生は尊重して下さいます

 

その日にどこで何をするのかも

岡部先生とのアポイント以外は

基本的に自分で決めなければいけません

 

そこで自由だからこその

メリットデメリット

が発生します

 

自分で自由に時間を決めれる

メリットがある反面

自分を甘やかすことも簡単にできます

 

すぐに自分を甘やかしてしまう私にとって

どこで活動をし

それをいつまでに終わらせるかの

期限を決めて取り組めるかが

とても重要になってきますし

 

自分でしっかり決めないと

すぐに“楽”をしようとしてしまいます

 

楽しく志事をすることは良い事ですが

ただ“楽”をすることは全く別の話です

 

 

どのような環境で動くことが

自分に合っているかは

人それぞれ違うと思います

 

決められた規則に忠実に従うこと

が良い人もいれば

のんびり自分のペースでやる人

追い込まれることで力を発揮する人

パターンはいろいろあると思います

 

私はよく

『スーパーカーのような存在』

と言われます

 

スピードが遅い時

燃費が悪かったり音がうるさかったりと

良さが発揮されません

スピードをだした時

パフォーマンスが上がり

思わぬ力を発揮したりします

 

つまり私は追い込まれて

全力疾走しているくらいで

動くのが丁度良いと言われます

 

確かに振り返ってみると

自分が生き生きしている時期というのは

沢山動き回っている時期でした

 

それを自分が認識できた時に

どうしたら常に

最高のパフォーマンスが

発揮される状態でいられるか

ということが課題になります

 

答えは簡単です

 

自分でその環境を

作ってしまえばいいのです

 

簡単とは言いましたが

これまでの私には難しいと思っていました

 

それを認識していても

その環境を作ろうと

しなかったからです

 

だけど今はきちんと認識したことで

少しずつその環境を作りだすような

意識になってきました

 

 

自分だけで作れない時は

周りの人にも協力をお願いします

期限を設定してもらったり

人と約束したり

SNSで公言したり

 

自分で裏切れない状況をいかに作り上げるか

 

自分が問題に気づいて

自分で問題を認識して初めて

問題は改善することができてきます

 

そして気づいただけでは何も変わりません

変化しようという意識し

行動することが大事なのです

 

自分だけで変化させようとし

一人でできなければ人の知恵や力を

お借りする

 

そこまでやってでも

“自分に合う環境を作りだす”

というのはとても重要だと思います

 

私も今はいかに自分が

「ここに来たらやるしかない!」

と思える場所を見つけるか

そして

期限を意識しながら取り組む

そこに重きをおきながら

自分に合う活動の仕方を

試行錯誤しているところです

 

皆さんはどのような環境にいることが

一番力を発揮できますか?

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る