失敗をなくすには

ブログをお読み頂き

ありがとうございます!

 

今日は

失敗をなくすには

というテーマでお話させて頂きます

 

 

これまで岡部先生とお志事をさせて頂く中で

思い通りにいかないことや失敗などが

起きてきました

 

一度の失敗は誰でも起こりうる

仕方のないこともあります

しかし問題は、私の場合

同じことを何度も繰り返してしまう

ということでした

 

 

例えば、

岡部先生のアシスタントとして

いつでも連絡が取れる状態

でいることは

志事をしていく上で

とても重要になります

 

しかし私自身が

その重要性に気づいておらず

必要な時に連絡が取れない

ということが立て続けに

何度も起きてしまいました

 

もちろんどうしても

電話に出れない状況である場合は

仕方のないことですが

私の場合、連絡が取れなかったほとんどが

私のちょっとした不注意が原因でした

 

もちろんその都度

反省しました

 

しかし、同じこと

何度も起きてしまったのです

 

当然、何度も繰り返すうちに

私の信用はどんどん無くなる・・・

そんな悪循環に陥っていました

 

 

ではなぜ

同じことを繰り返してしまうのか

 

 

これは結果の出る人にとっては

当然できることを、私のように

何度も同じ失敗を繰り返してしまう人

共通してできていないことがあるからでした

 

その改善するポイント

大きく2つありました

 

 

1つ目は

本当に改善したい

という気持ちがあるかどうかです

 

もちろん私も失敗した時は、

「次は気を付けよう」

と思っていました。

 

しかし本気で改善したいと思うのであれば

今回の場合であれば

「なんてことをしてしまったんだ!

 次は絶対に電話にでるんだ!!」

という気になるはずです

 

その気持ちが

芽生えている人そうでない人

どちらが本気で反省しているかどうか

 

まずその

『何としてでも改善したい』

という思いが

まずはとても大事になってきます

 

 

2つ目は

『具体的な改善策を出し、

 それをやってみる』

ということです

 

私はこれまで何か失敗をしたり

ミスをした時に

「すみませんでした」

謝るだけ終わってしまっていました

 

その時は本当に反省し、

反省の言葉を言うだけで

それ以上に何も言えなくなっていました

 

謝るだけで終わりにしてしまう

これが一番問題なんです

 

もちろんまず謝罪をすることは

大切なことです

 

しかしそれで終わってしまっては

また同じことを繰り返す可能性が

大いにあります

 

実際に私自身がそうでした

 

何度も同じことを繰り返していたのは

その時は反省していたとしても

それに対する具体的な改善策

考えていなかったからです

 

それを見かねた岡部先生は

「起きてしまったことは

 仕方のな

 だけどそこから

 同じことを繰り返さない

 ためにどのような対策

 取り組むのか

 その姿勢が大事だよ」

と仰って下さいました。

 

ミスをしてしまう前と

同じ行動を取り続けると

どうなるのか

 

当然同じ結果にしかならないので

同じ失敗を繰り返すこととなります

 

では別の結果を出すためには

どうすればいいのか

 

岡部先生はそれは簡単なことだと仰います

これまでと違う結果

 出したければ

 これまでとは違う行動

 取ればいい」

 

ただそれだけなんです

そのちょっとした変化をするだけで

結果は大いに変わってきます

 

今回の場合であれば、

電話に出れなかったのは

移動の際スマホをバックに入れて

気づかない場合が多かったのです

 

なので具体的な改善策として

出来る限り手に持って移動する

ということを意識してやってみました

 

すると、ただ手に持つという行動に

変えただけで

「電話に気づきませんでした」

ということがほとんどなくなりました

 

そんなに難しい事をせずに

ほんの少し行動を変えるだけで

問題を改善することができました

 

あとはそれを習慣化してしまえば

自然と同じ問題は起きなくなります

 

もっと言えば、失敗が起きたことを

どんどん改善策を考え、実行していく

 

するとこれまで“失敗”していたことを

繰り返すことがなくなる

 

つまり自分の中から

“失敗”

というものがなくなるのです

 

そう言って頂いたことが

私にとっては目から鱗でした

 

“失敗”とこれまで捉えていたことも

改善策を考え、実際にそれに取り組むことで

“成功するための過程”に変化するのです

 

失敗したことに対して

改善することもなくそのまま

にしておくと

“失敗”は

ただの失敗で終わってしまいます

 

“失敗”を積み重ねていく

失敗を一つの踏み台にして

成長する

 

同じ出来事も向き合い方一つで

大いに変わってくるのです

 

だからこそまずは本当に

“改善したい”という気持ちをもち

さらに具体的な

“改善策”を考えチャレンジする

 

小さなこと、当たり前のことと

思われるかもしれませんが

私のようにこれを

“当たり前”

にしてなかった人にとっては

とても大きな学びとなりました

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました

関連記事

ページ上部へ戻る