“大きな成功”を掴むためには

ブログをお読み頂き

ありがとうございます!

 

今回は“大きな成功を掴むためには”

というテーマをお伝えさせて頂きます。

 

私もまだまだ学びの途中ではありますが

私自身も見失いがちになることだからこそ

お伝えさせて頂きます。

 

岡部先生がよく仰ることは

「目の前の小さなことができない人に

 大きなことは成し遂げられない」

ということです。

 

多くの方は、いきなり大きな成功を

掴もうとします。

私自身もまだまだそう考えてしまう

部分もあります。

 

例えば一般的な会社で考えた時に

新卒の新入社員にいきなり大きな

プロジェクトを任せる会社は

そうないと思います。

 

新人の間は雑用が多かったり、

簡単な作業を任されながら仕事を覚える

ということが多いと思います。

 

周りの方々もその姿をみて

「これだけ仕事ができるから、

 次はこれを任せてみよう」

と任せる内容も少しずつ

ステップアップしていくと思います。

 

しかし、“成功”を掴もうとする人は

すぐに目新しい「やり方」にすぐに飛びつき

「このやり方だったら

 上手くいくんじゃないか」

そんなことばかり考えてしまいがちです。

 

だからいろんな成功者の話を聞く際に

その人の“やり方”にばかり

注目しがちになります。

 

もちろんやり方を学ぶことが

悪いと言っているわけではありません。

それも大事なことだと思います。

 

しかし、岡部先生が仰るのは

例えば自分がした約束を守ること

やると決めたことを実際にやってみる。

 

一つ一つは小さなことかもしれませんが

それを積み重ねていくことが

周りの人と、そして自分自身との

“信頼関係”を築いていくのだと仰います。

 

“信頼関係”があって

人との関係も上手くいくし

自分自身にとっても“自信”へと

繋がっていきます。

 

だからこそ

“今”の自分でできること

まずはやってみる。

 

そして“今”できることを

やり切った時に、自然と

次のステップが見えてくるそうです。

 

一つ一つを中途半端にしてしまうと、

結果も中途半端になってしまいます。

 

まずは

“今”いる環境の中で

できることを精一杯やりきる。

 

それさえできなければ

先の“大きなこと”はできません。

 

逆に目の前の事を一つ一つ

クリアしていくことで

次のやることもどんどん出てきます。

そして自分の気づかないうちに

ステップアップしています。

 

私もまだまだできてきた部分と

チャレンジ中な部分はありますが

 

“今”目の前の出来事ややるべきことを

大切にし、日々の過ごしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る